国立代々木競技場第一体育館

国立代々木競技場第一体育館

1964年(昭和39年)の東京オリンピックの開催に備えて建設された会場。建築家丹下健三氏の代表的な作品で、2本の主柱から、屋根全体が吊り下げられているという構造が特徴である。現在は、各種スポーツの競技場や、コンサートなどで利用されています。元はといえば競泳の会場だが、冬季はアイススケート場として、春季・秋季はプール部の上に木のパネルを貼って体育館として利用できる設計となっている。

名称
国立代々木競技場第一体育館
住所
東京都 渋谷区神南2-1-1
交通
JR山手線(埼京線)原宿駅 徒歩5分
東京メトロ千代田線・副都心線 明治神宮前駅 徒歩5分
東京メトロ千代田線 代々木公園駅 徒歩10分
駐車場
あり
※公演によりご利用になれない場合があります。必ずお問合せください。
収容人数
13,243人
URL
http://www.jpnsport.go.jp/yoyogi/
座席
座席1

国立代々木競技場第一体育館 周辺のホテルを探す!

元の位置に戻る

国立代々木競技場第一体育館 周辺の人気ホテル!

場所を変えて探してみる!
場所を変えて検索!
>
>

Go!国立代々木競技場第一体育館 周辺情報

最寄駅が明治神宮前・原宿に位置する会場。原宿付近にはあまりホテルがないため、「新宿」「代々木」「渋谷」などでホテルを探すと見つかりやすいです。特に渋谷は徒歩で行くこともできます。公演前後は若者の街原宿でクレープを食べたり、プリクラを撮ったり、最新の流行アイテムをチェックしてはいかがでしょうか。