仙台電力ホール

東二番町通り、電力ビル7階にある多目的ホール。、昭和35年に地域社会に文化と芸術を発信するパブリックスペースとしてオープンしました。国内・海外を問わず、クラシックコンサート、ライブ、日本舞踊、バレエ、民謡、演劇など多様なジャンルのアーティストの公演を開催。公演のほかにも、講演会やシンポジウムなどの催しに 利用されることあり、地域社会と密接な関係にあるホールです。 平成22年に開館50周年を迎え、それを機に舞台・客席・ロビー・楽屋等がリニューアルされました。

名称
仙台電力ホール (電力ホール)
住所
宮城県 仙台市青葉区一番町3-7-1 電力ビル7F
交通
JR線「仙台駅」から徒歩約10分
地下鉄「広瀬通駅」下車西口3番
東北自動車道「仙台宮城I.C」から約10分
駐車場
-
収容人数
1,000席
URL
http://hall.d-biru.com/
座席
座席1

近日開催されるライブ・イベント情報!

  • 2019/10/ 5 (土)サンドウィッチマン ライブツアー2019
  • 2019/10/26 (土)タクフェス第7弾 流れ星
  • 2019/11/ 3 (日)どれミゼラブル!
  • 2019/11/ 4 (月)どれミゼラブル!
  • 2019/12/19 (木)神田松之丞 独演会

もっとライブ・イベント情報を見る!>>

仙台電力ホール 周辺のホテルを探す!

元の位置に戻る

仙台電力ホール 周辺の人気ホテル!

場所を変えて探してみる!
場所を変えて検索!
>
>

Go!仙台電力ホール 周辺情報

仙台駅から徒歩約10分の会場。アクセスが良いうえに、同ホールがある電力ビルの1階・地下一階には飲食店が多数入っており、公演の前後に休憩や食事をするのに便利な場所です。宿泊施設は、会場周辺や仙台駅付近に多数あるので、条件のあうホテルを見つけることができるでしょう。オススメの観光スポットは「晩翠草堂(土井晩翠旧宅)」です。え?知らない?でも、「荒城の月」は知ってますよね。滝廉太郎の名作曲とあいまって不朽の名作となったこの曲の作詩者の土井晩翠が暮らしていたのが「晩翠草堂」です。入館料無料。仙台市観光循環路線バスるーぷる仙台「晩翠草堂前」バス停下車すぐになります。